祖父の世話をする

去年までは外を歩き回っていた祖父が今年の冬に風邪を引いてしまって以来、めっきりと衰えてしまいました。

自分でトイレに行くのもおぼつかず、介護士の介助の元、やっと日常生活が出来るレベルです。

それまで要介護1だった認定も、要介護3まで上げられてしまいました。
実際は4位になってもおかしくない状況とのこと。

一旦は物もまともに食べられない状況まで体力が落ちてしまったのですが、色々な対策を取りある程度まで回復する事が出来ました。

対応としては以下の事を行いました。

 

ふとんからベッドへ

祖父は今まで長年寝ていた布団へのこだわりが強く、ベッドに変更するのを拒否していました。

ただ、布団からは自分で起き上がる事も出来ず、また、介助する側も大変です。
ほぼ、行動不能になった今の機会に切り替えてみたところ、介助し起こすのも楽になり、また、自分でも立ち上がりがしやすくなったのか、起き上がる様になりました。

 

部屋にいくつもの補助バーを設置

要介護状態になると、市町村によると思いますが、住宅改修補助が出ます。

それを使い、いたるところに手すりをつけました。

ただ、ベッドから食卓、トイレまでの間につかまるところがありません。

そこで、介護度に応じて受けられる補助を利用し、介護用品レンタルで補助バーをいくつも設置する事にしました。

それを頼りに歩いてご飯、トイレに行ける様になりました。

 

好きなものをたくさん食べさせる

100歳近くなった祖父は、固いものや繊維質のものなどが食べられなくなり、色々なものを残してしまいます。

そうした中、ヨーグルト、プリンといった食べやすく、甘いものは好んで食べる様です。

栄養のバランスを考えると、野菜や肉、ご飯などいろいろと食べさせたほうが良いと思うのですが、とりあえず、自分が好んで食べるもので栄養、水分補給してもらう事が最優先と考え、そうしたものを多めに食べさせる様にしました。

すると、栄養をとれた事もあってか、だんだんと元気になってきました。

あとは、一旦回復さえしてしまえば、トロみをつけた食事にこまぎれにした野菜や肉などを入れ込み、自然とバランスの取れた食事を出来る様になりました。

 

亡くなってしまった祖母に続き、祖父がなかなか大変な状況となってしまいましたが、出来る限り頑張っていきたいと思います。

祖母の死

先日、祖母が亡くなってしまいました。

もうほとんど動けない状況だったので、いつかこういう日がくるとは思っていましたが、やっぱり実際に亡くなってしまうとショックが大きいですね。

私は、幼い頃に母が亡くなっていたので、祖母にご飯や弁当を作ってもらったりと母がわりの様に育ててもらっていたので、より一層そういった想いが強いのかもしれません。

あと、家の状況が状況だけに、私は孫かつ次男ではあるのですが、喪主という形で対応する事になり、色々と大変でした。

対応だけでなく、介護や医療で金銭的にも消耗しており、大変でしたが、なんとか問題なくいきました。

今は詳しく書く気力がないので、後日、そういった苦労についても書いていきたいと思います。

最近は、気持ち的にも色々と大変で、書けていなかったばあちゃん介護についても、落ち着いてきたらさかのぼって書こうかなと。

そういのを書くと、なんか想いだしてしまって辛そうですが。。

 

とりあえず、、

ばあちゃん、今までありがとう。

安らかに眠って下さい。

ヨーグルトとプリンで老人の栄養補給を

うちの祖父と祖母は、高齢となり一気に体が弱くなってきました。

嚥下障害もあり、固いものや乾いたものはなかなか食べられなくなりました。

そうした事もあり、ミキサー食やトロみ剤などでトロみをつけたものが食事の中心となります。

そんな中、スーパーで売っているもので手軽に美味しく食べてもらえたものをいくつかご紹介したいと思います。

 

ヨーグルト

ヨーグルトはトロみもあるので、病院で入院中の老人などにも提供されることの多い食品です。

プレーンヨーグルトにハチミツを加えてあげたりしていた時もありますが、味にばらつきが出てしまい、好みの甘さになっていないと残される事もあったので、最近は甘みが元々入っているものを購入する事にしています。

スーパーでは3~4個で100円前後のものが売っているので、それを冷蔵庫に保管し、小出しに提供していくと経済的でした。

多めだと残してしまう事も多く、ちょうど食べきれるサイズが良いかと思います。

 

プリン

ヨーグルトとほぼ同じ発想で、プリンもお勧めです。

病院の看護士さんなども、誤嚥性肺炎で入院した患者には、ヨーグルトやプリンなど以外は差し入れしないで欲しいと言われた事もある位です。

飲み込みがうまくいかない老人もプリンであれば食べやすいということも多い様です。

しっかりとした甘みもあるので、うちの祖父母も喜んで食べてくれます。

 

バナナ

バナナもお勧めです。

老人になると食にかたよりが出てくるので、こうしたフルーツなどで食物繊維を摂取してもらう様にしています。

ただ、フルーツの中でも、老化とともに、リンゴなどの固めのものはうけつけなくなってきました。そうした中、バナナは喜んで食べています。

酸っぱくてあまり好きではない様ですが、キウイフルーツも飲み込みの面では食べやすい様です。

 

 

シュークリーム

これは、確証は持てないのですが、先日食べさせてみたら、喜んで完食していました。

クリーム状のものも食べやすい様ですね。

菓子パンなどのパサパサしたものは受け付けないのですが、こういったものはまだ食べやすい様です。

 

 

他にも、色々と試しているので、今後他にも良いものが出てくれば、ブログ内でご紹介していきたいと思います。