読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事制限があるのに正月という事で暴飲暴食をしてしまう

うちの父は、心臓病の中でも難病指定されている拡張性心筋症という病気にかかり、一時期生死の境をさまよいました。

 

一命は取り留めたのですが、その時の入院生活により歩行困難なレベルにまで筋力が衰えてしまいました。

本来しっかりとリハビリすれば、歩行能力は回復出来ると聞いていたのですが、本人に一生懸命リハビリする気がないので、ほとんど回復しません。

1週間に一度顔を出しているのですが、むしろ悪化している事もあります。

そうした事もあり、せめて行った時でもとリハビリをさせているのですが、それを嫌がり「早く帰れ」と言われる事も多々有ります。

こちらとしても、仕事が忙しい中、介護施設や病院での手続きや日常の入金など色々と自分の時間が削られる中、そうしたリハビリに時間を取られるのはとても困るので、出来れば自分で意欲的にやってもらいたいので、それを必死に伝えているのですが、いまいちそれを理解してくれません。

むしろ、介護費などが年金で足りないのを私が充当しているのを当たり前の様に思い、私が介護施設に渡しているお金の中から職員にお願いし、無駄遣いをしたりなどもあり、色々と困らせてくれます。

 

そして、今回正月に行ってみたところ、明らかに歩行器を使った歩行能力が落ちていました。

そして、私が渡しておいた病院で支払う医療費の中から、お菓子や肉、飴などを買っていました。

心臓病と糖尿病という事で塩分、糖分を制限しなければならない中、買った飴が「塩飴」です。

こちらが神経すり減らしながら介護の段取りをしている中、彼の行動には「ふざけるな」としか言えませんでした。。

そして、明らかに体重が増加し、心臓病の悪化サインであるかすれ声を発していました。

 

病気になってしまったのはしょうがないにしても、そこから先は、家族に迷惑をかけない様に必死にやってもらいたいものですが、彼は、出来るだけ楽をし、その場の良い思いをする事しか頭にありません。その先に苦しみが待っているのは明らかなのに、そこが理解出来ない様です。

 

今年も、色々なことで大変な一年が待っていそうです。