読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨーグルトとプリンで老人の栄養補給を

うちの祖父と祖母は、高齢となり一気に体が弱くなってきました。

嚥下障害もあり、固いものや乾いたものはなかなか食べられなくなりました。

そうした事もあり、ミキサー食やトロみ剤などでトロみをつけたものが食事の中心となります。

そんな中、スーパーで売っているもので手軽に美味しく食べてもらえたものをいくつかご紹介したいと思います。

 

ヨーグルト

ヨーグルトはトロみもあるので、病院で入院中の老人などにも提供されることの多い食品です。

プレーンヨーグルトにハチミツを加えてあげたりしていた時もありますが、味にばらつきが出てしまい、好みの甘さになっていないと残される事もあったので、最近は甘みが元々入っているものを購入する事にしています。

スーパーでは3~4個で100円前後のものが売っているので、それを冷蔵庫に保管し、小出しに提供していくと経済的でした。

多めだと残してしまう事も多く、ちょうど食べきれるサイズが良いかと思います。

 

プリン

ヨーグルトとほぼ同じ発想で、プリンもお勧めです。

病院の看護士さんなども、誤嚥性肺炎で入院した患者には、ヨーグルトやプリンなど以外は差し入れしないで欲しいと言われた事もある位です。

飲み込みがうまくいかない老人もプリンであれば食べやすいということも多い様です。

しっかりとした甘みもあるので、うちの祖父母も喜んで食べてくれます。

 

バナナ

バナナもお勧めです。

老人になると食にかたよりが出てくるので、こうしたフルーツなどで食物繊維を摂取してもらう様にしています。

ただ、フルーツの中でも、老化とともに、リンゴなどの固めのものはうけつけなくなってきました。そうした中、バナナは喜んで食べています。

酸っぱくてあまり好きではない様ですが、キウイフルーツも飲み込みの面では食べやすい様です。

 

 

シュークリーム

これは、確証は持てないのですが、先日食べさせてみたら、喜んで完食していました。

クリーム状のものも食べやすい様ですね。

菓子パンなどのパサパサしたものは受け付けないのですが、こういったものはまだ食べやすい様です。

 

 

他にも、色々と試しているので、今後他にも良いものが出てくれば、ブログ内でご紹介していきたいと思います。